このページは当月限りです. ブックマークはトップページをご利用ください


今月のご案内
the Depot Memorandum


2016年11月9日からの,トレインデポの住所と電話番号です

 住所 : 243-0402 神奈川県海老名市柏が谷967-1-721
 最寄駅 : 相模鉄道かしわ台駅 (東口からでも西口からでも徒歩15分)
  駅渡しご希望の節は,時間に余裕を持ってご通知ください
 携帯電話 : 080-5057-4804
 D-FAX : 020-4663-4308
 ホームページurl : www.modeltrain.tokyo
 Eメール : depot@5701-9101.com

以上の通りとなります

  • いつもありがとうございます. 5月もたくさんの商品が入荷し,チェック試運転と忙しいひと月でした. ところで今回はどうしたことでしょう,いつものジェネシスのようにラピードトレインズ製品からのパーツ落ちが目立ち,手を焼きました. とくに連結器まわりのホースが落ちること,接着剤をつけてないのですね. 差し込んだだけではダメですよ. さっそく報告しましたが,商品を送ろうと思って箱詰めする際にカラカラパーツの外れた音がすると,ゾッとします. 入荷品に対するコメントは,『話題のクルマ』に記しましたので,それぞれのページをご覧ください.
  • 5月の入荷品で目立ったのがウオルサーズの廉価版,品番が910-で始まるメインラインシリーズです. もともとアメリカの鉄道模型は模型店で販売されるほか,アサーンのブルーボックスなどはスーパーマーケットの棚に並べられていたこともありました. つまり夕食を買いに行くついでにポイと買い物カゴに放り込む,そういったスタンスで向きあえるものだったのに最近はどうでしょう? 持ちどころが悪いとポキリと折れたり曲がったり,大騒ぎです. ディテールたっぷりのモデルは見応えがありますが,直近数年はそちらに傾きすぎ,気がついたらブルーボックスは過去帳入りです.
    しかしです,このことに気づいたのかウオルサーズから廉価な機関車や貨車が多量にリリースされ,注文が集まってます. 廉価な品に未来は無くなったかと思ってましたが,ひとまず胸をなで下ろしました. 将来の明るさは,裾野の広さで決まりますからね. 今月の『話題のクルマ』は廉価製品に力を注ぎました.
  • 還暦を過ぎる頃から故郷に戻っられた仲間が多いのか,学校や職場の連中がよく集まります. 江戸っ子で転勤族だった私(10数回引越し)は各地から声がかかりますが,その頻度は右肩上がりで,5月にはクラス会と称するこれらの集い3つか4つに顔を出しました.
    旧友と会うのは楽しい,しかし時間が無い,そこで考えました. 5月に私がどれだけ家にいたか想像つきますか? 1/3はお出かけ,うち連続1週間は北海道です. 出かけていたことを,デポのサイトから感じ取れましたか? 誰にも気づかなければ成功です. 流石に商品の発送は出来ませんが,仕事と遊びを両立させるスベが見つかったかも知れません.
    出先では,今後の豆本展開に必要な承諾と販路の開拓もしてきました. だから今月の壁紙は,はるか昔の北海道です.
  • 最後に青函トンネルを新幹線が走るようになり,もう各停列車で北海道に渡ることが出来なくなりました. 新幹線で行くか? 怖いからやめておこう. そこで飛行機にしました,それも最近流行りのLCC(廉価運賃の航空会社)で.
    さっそく料金を調べました. 札幌まで片道税込で11000円,学生時代の往復46200円が頭に焼き付いてますので,物価水準を考えると,とてもお安いです. つぎにホテルを探しました. 豆本仕事もあるので2泊はホテルとし,残りの晩はすすきの通いと友人宅いう計画. 旅行会社に伝えると,ホテル代込だと税込15000円とのことです. 安いですね.
    そしてホテルに着くと,1泊の料金は6400円と表示されてます. 純粋にたし算すると,合計27800円になり,計算が合いません. 旅行会社も損をしてまでビジネスはしないでしょう,ホテルや飛行機は,もともとそんなに安いのでしょうか? 喜んでばかりいられません,こんな競争をしていたら,日本じゅう壊れてしまいます. 早いとこ何とかしてよ.
  • では今月も,よろしくお願いいたします.

トレインデポ 牛島


お問い合わせ,ご注文は,
Eメール depot@5701-9101.com もしくは
携帯電話080-5057-4804, D-FAX 020-4663-4308
宛にお願いします
トップページへ +++++ index page