このページは当月限りです. ブックマークはトップページをご利用ください


今月のご案内
the Depot Memorandum


2016年11月9日からの,トレインデポの住所と電話番号です

 住所 : 243-0402 神奈川県海老名市柏が谷967-1-721 (2014年11月10日より)
 最寄駅 : 相模鉄道かしわ台駅 (東口からでも西口からでも徒歩15分)
  駅渡しご希望の節は,時間に余裕を持ってご通知ください
 携帯電話 : 080-5057-4804 (2016年11月9日より)
 D-FAX : 020-4663-4308 (2016年11月9日より)
  従来のfaxは廃止です
 ホームページurl : www.modeltrain.tokyo (2014年11月10日より)
 Eメール : depot@5701-9101.com (2014年11月9日以前と変わらず)

以上の通りとなります

  • 食欲の秋,みなさま如何お過ごしでしょうか. 10月にはサツマイモ掘りのイベントが2か所の畑でございますと,海老名市の広報誌が案内してます. 米でもイチゴでも,海老名が被さると何でも高いのですが,味や品質が良いから仕方ありません. しかしサツマイモも,畑まで掘りにいけば手間賃がカットと言うことでしょうか,安くて美味い芋に巡りあえます.
  • 9月はカナダの車両がやまほど入荷しました. 最大勢力はバウザーのSD40-2Fという,SD40-2の仲間ですが,全長に渡りボディが太いカナダならではのタイプです. 今日では,EMDのエンジン専門工場となったカナダ南部オンタリオ州の,往年のGMDの工場で生産されました.
    バウザーの機関車は新しく出る都度ディテールが繊細になりますが,どの個体もあたり前のようにパーツの脱落があるようで,箱の中でカラカラ音がします. 当然のことながら苦情を申し入れましたが,いつも強気のゲリーおじさんは,『接着剤がはみ出れば文句言うのだから少ないときは付け足してくれ』とのこと. あたり前すぎる回答はアメリカ流で,返す言葉がみつかりません. 当然私の手に負えるものではありませんので,これが嫌ならバウザー製のディーゼル機関車は買わないことです.
  • もうひとつのカナダは,カナダのメーカーラピードトレインズのGMD1形ディーゼル機関車です. アメリカのロコの中では少数派ですが,同じような顔をしていて足は3軸と2軸があり,えらくマニアックな機関車です. ちょうどインターマウンテンとラウンドハウスからミルクカーが再生産されましたので,これを1〜2両引っ張らせればカナダ南東部の風景にはピッタリです. こちらもパーツの脱落が多いようで,広〜いレイアウトをおもちの方,運転会に持ち出される方はあらかじめ接着剤をつぎ足しておいてください.
  • ラピードトレインズからはRDCのカナディアンナショナルもデビューしました. 1961年以降の塗色で,赤い顔がカナダらしいです. カナダのメーカーなのに,今ごろになってカナディアンナショナルがデビューしたことにはわけがあります. ラピードトレインズは,ジェイソン社長以下,こだわりが多い人たちばかりでRDCもコリコリに凝ってますが,モールドを少しずついじりながら異る仕様のモデルを作ってます. 言い換えると,モールドをいじってしまったら元には戻れませんから,モールドを七変化させる半ばに,カナディアンナショナルの仕様が眠っていたわけです. RDC2と3のデビューもアナウンスされましたので,あとになってオークションでRDC1形を獲って欲しいなんと言うことにならないよう,早めにご検討ください.
  • 近所に業務スーパーと言うスーパーマーケットがあります. 先日そこでカリフォルニア米をみつけ,買ってみました. 外国産ですから当然のように安く,10キロで2200円ほどでした. 米には大きくわけてふたつの種類があります. ひとつはタイ米など長粒種で,ご飯を焚くと言うよりお米を茹でると言う方がピッタリの,インディカ種と呼ばれるサラサラした米です. 世界的にはこの米が主流で,麺類のように多量の水で茹でるわけです. もうひとつはジャポニカで,私が知る限り日本のほか,スペインやイタリアで好まれています. 話が長くなりましたが,業務スーパーで売っていたのは,カリフォルニア産のジャポニカです.
    実はこのお米,アメリカを舞台に写真の仕事をしようと決意して勤め人を卒業した1989年,本当のアメリカを知ってやろうと,カミさんと2か月で25000キロほどレンタカーを転がしました. その道中ロスアンゼルスで,寿司屋の看板をみつけて急に日本食が恋しくなり,看板の寿司屋に飛び込みました. その寿司の不味かったこと,念のため米の種類と産地を聞いておきましたが,それがカリフォルニア産のジャポニカでした. ですから久しぶりにカリフォルニア米を確かめてやろうと言う気持ちで買ったわけです.
    そうしたら今日のカリフォルニア米の美味いこと,30年間でずいぶん変わりました. 今日では日本の市場からほぼ姿を消したササニシキに近く,濃いめの酢飯の昔ながらの寿司が似合い,目下人気絶頂のコシヒカリとは,味覚食感がかなり異ります. 日本の米農家もオチオチしていられませんが,次はアメリカ人にも料理によって米を使い分ける日本の食文化を植え付け,日本のコシヒカリを買ってもらいましょう.
  • そのようなわけで今月のカレンダーと壁紙は始めてのアメリカドライブ25000キロで撮影したシーン2点です. カレンダーはフロリダ半島南端から伸びるキーウエストの先っぽのアメリカ最南端で,当時は超が付く21mm広角レンズで撮りました. なので昔の広角レンズらしく,周囲が暗く落ちてます(←この雰囲気好きです). 壁紙は,カナダ国境付近でひと息ついている珍車中の珍車,ミルウオーキー鉄道生まれのSDL39形ディーゼル機関車です. 今考えると信じ難いことですが,この旅で私が地下鉄以外の鉄道にカメラを向けたのはSDL39が唯一のもので,ほかの数枚は,走るクルマから併走する機関車を,カミさんが撮ったものです.
  • 今月は出かける機会が多そうですが,不在の節はEメールのご活用をお願いします.

トレインデポ 牛島


お問い合わせ,ご注文は,
Eメール depot@5701-9101.com もしくは
携帯電話080-5057-4804, D-FAX 020-4663-4308
宛にお願いします
トップページへ +++++ index page